格安航空券を効率よく使おう

インターネットや、新聞、テレビなどで格安航空券についてよく扱われていますが、どのように賢く用いることができるのでしょうか。よりよいチケットを安く手に入れたいなら、まずは格安航空券の基礎的な事柄について見てみましょう。

格安航空券を簡単に言うと、ツアー用の航空券を旅行会社に大量に卸してそれをバラで一般のお客様に販売していることです。それで、普通、格安航空券は、航空会社からではなく、旅行会社から購入します。

チケットを購入の際の注意点

しかし、一般にチケットを購入する際に注意してほしい点があります。それは、燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)についてです。燃油サーチャージは、原油の高騰に伴い、燃料価格の一部を乗客が負担する追加システムです。本来であれば、燃料経費は航空運賃に含まれますが、燃油価格の激しい変動に対応するため、通常の航空運賃とは別に徴収されます。また、燃油サーチャージは航空会社により金額が異なります。

格安航空券のメリット・デメリット

格安航空券にはメリットとデメリットもあります。格安航空券を確実に手に入れるために、早めに予約を入れることをお勧めします。それは人気のある格安航空券はすぐに売れてしまう可能性があるためです。その点、PEX航空券は便利です。なぜなら、早く予約すればするほど安くなる割引システムで、格安航空券でも早く予約する方が安くなるというシステムがあるためです。また、注意してほしい点が、キャンセル料金です各会社により料金に違いがありますので、購入の際は確認しておきましょう。

予約する

旅行日程を決めたら航空券の予約をします。予約の仕方は、航空会社もしくは旅行会社に電話をするか、インターネットで予約できます。航空券を予約する際には、出発日と帰国日、目的地と希望する航空会社、名前、パスポート番号や、マイレージカードを持っているか、持っていないかを伝えます。また、帰りの日付を決めないオープン航空券を使用する場合でも、大体の日程は決め、何日間が有効の航空券なのかを計算しておく必要があります。

チケットの受け取り方法

予約が完了した場合、メールやファックスで担当者から予約確認書が送付されてきます。名前のスペルやパスポート番号など、重要な情報に間違えがないかを十分確認しましょう。また格安航空券の場合、出発当日に空港で航空券を受け取る場合があります。旅行会社が指定する出発カウンターで受け取りましょう。事前に自宅や勤務先に送ってくれる旅行会社や、宅配便の代金を負担すれば送付してくれる会社もあるので、予約時に確認しておきましょう。

広告


dir

ページのトップへ戻る